シロアリ駆除で考えられる人体への影響とは?薬剤のしくみを徹底解説

シロアリ駆除で考えられる人体への影響とは?薬剤のしくみを徹底解説

 

シロアリが発生した場合、家屋が食い散らかされる前にできるだけ早く駆除する必要があります。業者に依頼したり、市販のシロアリ駆除剤を使ったりすることでご自身での駆除も可能です。ですがその際、シロアリ駆除による人体への影響を心配されるかたも多いのではないでしょうか。

ここでは、シロアリを駆除するときに使う薬剤が人体に与える影響についてわかりやすく解説しています。薬剤の特徴や選び方、駆除方法についてもふれているので、シロアリ駆除をお考えのかたはぜひご活用ください。

 

 

シロアリ駆除は人体に影響する?

シロアリ駆除はおもに薬剤を散布しておこないます。しかし、その薬剤が人間に悪影響を与えてしまうことはないのでしょうか。じつは、シロアリ駆除のために使用される薬剤のほとんどは、人体への影響があるのです。

たとえば、皮膚に薬剤がふれることでアレルギー反応が起こったり、薬剤を吸いこんでしまうことで吐き気やめまいを引き起こしたりなどの健康被害が起きることがあります。とくに、赤ちゃんやペット、妊婦さんなどのへの影響が強いといわれています。

中には人体への影響を極力おさえた薬剤も登場していますが、その効果は完璧とはいえません。シロアリ駆除をおこなうとき、いかに効率的に駆除できるかは重要なポイントですが、同時に人体への影響についてもきちんと理解しておく必要があります。

 

誰に、どのように影響するのか

誰に、どのように影響するのか

 

先ほどは、シロアリ駆除に使われる薬剤のほとんどは人体への影響が多かれ少なかれあるということをご説明しました。ここからは、具体的にどんな人に、どんなふうに影響するのかについて述べていきます。

 

妊娠している人への危険

まずは妊婦さんとそのお腹の中にいる胎児への影響についてです。シロアリ駆除に使われる薬剤の多くは「神経毒(神経細胞に作用する毒)」です。妊婦さんのお腹の中にいる胎児にとってその刺激は強いもので、脳の発達に影響が出たり、アレルギー反応が起きてしまったりするおそれがあります。

 

子どもへの危険

胎児だけでなく、まだからだや脳が発達しきっていない赤ちゃんや小さな子どもへの影響にもとくに気をつけたいところです。薬剤に直接ふれてしまったり、吸いこんでしまったりすることで、ぜんそくや脳の発達への影響が出るおそれがあります。

 

ペットへの危険

人体に影響が少ないよう配慮された薬剤も登場してきてはいますが、それはあくまでも「人間への効果」が重視されたものです。つまり、人間以外の動物への影響についてはあまり考慮されていないこともあります。そのため、ペットを飼っているご家庭では薬剤の選択や使用方法などにより注意しましょう。

 

その他の人への危険

シロアリ駆除に使用した薬剤によって引き起こされる体調不良には、ほかにもこのようなものがあげられます。

 

●のどや目、皮膚の異常

●頭痛

●吐き気やおう吐

●せき

●気管支や肺への影響

 

また、「化学物質過敏症(化学物質に対して敏感な体質の人)」の人は、そうでない人よりもさらに注意が必要です。化学物質に配慮せず薬剤を選択してシロアリ駆除をおこなってしまうと、意識障害などの重い症状を引き起こしてしまうこともあります。

厄介なことに、化学物質過敏症であるのに自覚がないかたも多くいらっしゃいます。掃除や食器洗いのときに、洗剤を使うとよく手が荒れるというような場合は注意が必要です。

これまでご説明したような体調不良がシロアリ駆除後に出た場合、換気をしたり必要であれば医療機関にかかったりなど、適切な対応をしてください。また、妊婦さんやお子さん、ペットがいるご家庭では薬剤の選択や使用をとくに慎重におこなってください。

 

シロアリ駆除に効く薬剤の特徴

シロアリ駆除剤が人体に与える影響についてわかったところで、ここからはシロアリ駆除に使われる薬剤について簡単に解説していきます。シロアリ駆除をするときは、薬剤の特徴を知ったうえで、「シロアリへの効果」と「人体への影響」の両方を考慮しながら駆除剤を選択するとよいでしょう。

 

ネオニコチノイド系

さまざまな昆虫に対して毒性を発揮し、人体への影響が少ないという特徴があります。比較的安全性は高いといわれていますが、使用する際はくれぐれも注意しましょう。

 

ピレスロイド系

即効性やシロアリ駆除効果にすぐれていますが、そのぶん刺激が強いため注意が必要です。

 

カーバメート系

殺傷力が高く、熱や光に強いため屋外でも持続性が期待できるという特徴があります。ただ、人体への影響も強いため屋内で使用する場合はとくに注意が必要です。

 

フェニルピラゾール系

即効性は期待できませんが、少量でたくさんのシロアリ駆除が可能で持続性もあります。強い薬剤で、人間や動物、空気汚染のリスクもあるため用法・用量をきちんと守りましょう。

 

フェニルピロール系

即効性は期待できませんが、高い殺虫能力があります。細胞に影響を与えるため、赤ちゃんや妊婦さん、ペットのいるご家庭では使用を控えることが望ましいでしょう。

 

ホウ素化合物

安全性が高いことで知られています。とはいえ、ペットや子どもが誤って大量に飲みこんでしまわないよう注意してください。

 

ヒノキチオール

シロアリを寄せ付けない効果があり、木材由来のよいにおいがします。駆除効果はあまり期待できませんが、予防に使用してみるのはいかがでしょうか。

 

人への危険が少ない駆除方法も登場しています

人への危険が少ない駆除方法も登場しています

 

シロアリ駆除剤にはさまざまな種類があり、中には人体への影響が少ないものもあります。また、駆除方法によってもシロアリ駆除による人体への影響をおさえることができます。

たとえば、1回のシロアリ駆除で使う薬剤の量を減らし、薬剤散布の回数を増やす駆除方法があります。しかしこのような方法だと、従来の方法よりも即効性や持続性といった点が劣ってしまうというデメリットもあります。

 

シロアリの駆除方法については、業者としっかり相談することが大切です

シロアリ駆除をする際は、薬剤の選択や駆除方法に気をつけることで、薬剤による人体への影響をできる限り少なくすることは可能です。ただ、ご自身で薬剤を選んだり駆除をおこなったりすることが不安な場合は、信頼できる業者に依頼するのがおすすめです。ご自身の希望を伝え、相談しながらすすめていくとよいでしょう。

シロアリ駆除を業者に依頼すると、ご自身でおこなうよりもどうしても費用はかさんでしまいます。しかし、薬剤を誤った方法で使用することで、場合によっては重大な健康被害が出てしまうおそれもあります。そのリスクを考えると、業者への依頼を検討する価値は十分にあるといえるでしょう。

 

まとめ

シロアリ駆除のために散布する薬剤にはさまざまな種類があります。しかし、そのほとんどが多かれ少なかれ人体に影響を与えてしまいます。中でも、胎児や赤ちゃん、子ども、ペットがいる家庭でシロアリ駆除をおこなう際はとくに慎重に対応しましょう。

ただ、人への影響が少ない薬剤を選んだり駆除方法を工夫したりという方法で薬剤による影響をできるだけ少なくすることは可能です。強い薬剤を使って手早くシロアリを撃退したい気持ちももっともですが、人体への影響も考慮しながら対処していきましょう。

また、シロアリ駆除はご自身でおこなうことも可能ですが、安心・安全のためプロの手に任せることも選択肢のひとつです。もしシロアリ駆除について疑問や不安がある場合は、業者に相談・依頼するのがおすすめです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...
早朝でも深夜でも全国、電話1本でスピード
早朝でも深夜でも全国、電話1本でスピード24時間365日受付各種クレジットカードOK! 相談・見積り完全無料!0800-805-8049
現在 日本全国
最短15分で駆けつけます

※ご発注の際の契約先は当社加盟店になります。 ※ご紹介は利用規約に基づき行わさせていただきます。

利用規約 プライバシーポリシー

  • 業界最安値に挑戦!料金のご案内
  • 安心・安全のサービス!作業完了までの流れ
  • トラブルに迅速対応!シロアリ駆除お助け隊とは